国の統計資料に基づいた紙の種類をごく大まかに用途別に分類〔1.大分類、(1)中分類、@小分類〕してご説明いたします。

1.包装用紙
(1)さらし包装紙・・・紙の原料であるパルプを漂白して白くした包装紙
  @純白ロール紙:片面に光沢のある紙で、多くの業種で使用されている最もポピュラーな包装紙
  A薄口模造紙:両面光沢のある紙で、一般包装紙、また、近年はめっきり少なくなりましたが伝票などにも使用される紙です
  Bさらしクラフト紙(両更さらしクラフト紙、片艶クラフト紙):手提げ袋、封筒、薬品、菓子類、化粧品などの小袋、また、@、Aよりは丈夫な包装紙として使用されます
(2)未ざらし包装紙・・・未漂泊のパルプで作られた包装紙
  @両更クラフト紙:角底袋、手提げ袋、小袋、包装紙、事務用封筒
  A重袋用両更クラフト紙:セメント、肥料、米麦、農産物などを入れる大型袋に使用されます
  B筋入りクラフト紙:筋入り模様のある片艶の薄いクラフト紙で、ターポリン紙、果実袋、封筒などに使用される紙

以上、『包装』に使用される紙を区分してみましたが、一般的な包装紙は、『純白ロール紙』『薄口模造紙』『両更さらしクラフト紙』などが使用されています。